毒親⁉️毒妻⁉️毒姉⁉️日記

真面目過ぎる高校生のお嬢&面白過ぎる夫との日常と 亡き父から受け継いだ運送会社の切り盛りとで多忙過ぎる日々の中でも思うことは尽きず…

学校の先生って…②

下の方にカテゴリー一覧あります お時間のある方 良かったら過去の記事覗いてみてください🎵

一昨日の①に続きまして

 

kyobachan.hatenablog.com

 

第2段でございます


細かい事言ってると

小学校だけで 年越しそうなので

中学校編に します(^_^;)

 

 

一人っ子のお嬢が 小学校を卒業する頃には

学校の先生は 

昔の先生とはずいぶん違うな…

と感じてましたが

そんな時代になってしまったのだから

しょーがない 

その中で どーするかだ

 

と 

勉強面では 学校にあまり頼りませんでした

その辺りは

お嬢の学習遍歴✏️に

まとめた通りです

 

その他の事では①で書いた

音楽会のパンフレットの様に

どーーしても これは❗

と思った事だけ

まずは 

長文連絡帳を書きました

(その頃も 

どーしても長文になってしまっていた(笑))

 

そうやって 小学生の頃は

疑問に思う事や 聞きたい事を

先生に 連絡帳や電話で

聞いて来ました

 

中学生になってからは 

そういう訳には行きません!

 

基本 親は 

子供の後で待機してるだけです

 

子供本人の 自我も出てくるし

いちいち「早めに」 親が出ていくのは良くない

 

しかし

思春期のデリケートな大事な時期

娘の話す事を 良く聞き

学校や先生の様子を想像し

 

娘の普段の様子はチラ見😒でガン見👀

しながら 

様子がおかしかったりしたら

何かあった?

と聞いて 話してきた時に

学校での事で 「あまりにも」

って事があった場合は

娘を守るために

いざとなったら

いつでも出ていく準備は整えていました

 

先にも書いた様に お嬢は

結構何でも 私に話すので


も~ これ以上聞くと じっとしてられないから

耳に入れないで~💦

という事が 山ほどありました


先生の あきれた 発言や行動については

聞きすぎて

わりと早い段階で

慣れてしまいました(>ω<。)


しかも  

若い先生の言う事や やる事に関しては

途中から 

ちょっとやそっとの事は 驚かず

なんだ⁉️そりゃ😆💦と

笑い話になってしまってた位です


しかし

「あまりにもって事があったら

やはり

親が出ていくべき事もあるでしょうが


それは

最終の最終に しなければならなかった


なぜかと言うと


 

何はともあれ

先生に嫌われては

ならなかったからです

 

当たり前ですが

通知表を付けるのは先生です


f:id:kyobachan:20191211090520j:plain



今は 昔とは違い

絶対評価です

極端に言うと

全員が 5 の基準に達していれば

全員 5 でも良い訳です



通知表に関しては

お嬢が 中1の時

保護者の成人教育の 進路の会に

出席した時 進路指導の先生が

通知表の付け方について

こう言ってました

「先に数字の隣のアルファベットを付けて 

そのAやBの数から 数字が決まるので

通知表の付け方が 昔とは逆です」

と言ってました


こう言っては何ですが…

ネエサンには 

昔は 通知表の数字を

先生が考えて付けてたけど 今は違いますよ

と言ってるみたいに

聞こえてしまいました( -д-)


 

ネエサンは お嬢を小中学校に通わせてる時

どーーも 学校や先生方の多くは


とにかく 後で苦情などを

言われたくないから

文句言われない様な

対策ばかりを考えている

 

という風に 感じる事が 多かったです


 

今は 高校受験の時に 

当日の入試の点数と

通知表での 

「中1からの学年評定」

の合計点とを

プラスして 合否を決めるので

通知表も

合否を左右する事に 大きく結び付きます


 

だから

お嬢には 受験は 

中1から始まってるのと同じだよ

と 言っていました

 

3年になってから 

目標を持って 勉強頑張っても 

そこから先の評価は 

上がる可能性はあるけど

前に低い評価を取ってしまってたら

前の評価は上げようがないのです

(甥っ子の受験で 思い知った(-_-#))

 

そして

通知表の数字は アルファベットの

数を見て決まる 

と 先生は言ってました


「決める」 ではなく 「決まる」

と言ってましたが


肝心の

通知表の となりの◎○△や

ABCを付けるのは先生自身です

しかも それを付ける時は先生の

サジ加減も 入るのです

(好き嫌いも入ります)

 

だ、か、ら、、、

先生に嫌われては

ならないのです 


じゃあ

小学校では 先生に嫌われても

良いのかと いう事ではありません

でも

小学校の通知表は 受験には直結しません


絶対評価でも

通知表の評定は 先生が握っている!

という事は

勿論 先生方は御自身でも 

よーーく分かってると思います 

 

中学生の間は ママ友達も 

よくこう言ってました

↓↓↓

通知表の評定を 

人質に取られている様な感じ

 と(>ω<。)


お嬢は 

成績もよく 真面目だったので

何も 策略しなくたって

先生には 好かれてました


と 言うか…


あーいう 真面目な子や 

高みを目指してる子は

嫌われたら減点される( ; ゚Д゚)

と考えて 

一切合切逆らいませんから

何を言われても ニコニコしてるし

それは 好かれます

好かれる事は

決して悪い事ではありません

 

でも…

 

中学生に あまりにもの

加点減点の圧を与えて  

ガチガチにするのは どーなんだろうか…

と 良く思いました


私が 甘いのでしょうか…


それは 

いろいろご意見もあると思いますが

ちょっと置いておいて💦

 

ネエサンブログを読んでくれている方には

分かると思いますが

ネエサンは 言いたい事は 言いたい方ですが


後の事を考えると

ネエサン「でも」

黙ってるしかなかった

 のです


娘が いろいろ我慢して 先生に合わせ 

頑張ってるのに 自分が出ていって 

足を引っ張ってはならない…

と 思い 

じーっとガマンしてました(T0T)

 

ネエサンは 

お嬢は 注意される事は何もない

と 思っていたし

何か頼まれれば

学校にも協力もしてたし

本気で意見するなら 

遠慮する事は何も無い!

とは 常々思ってましたが


もし 親が何かを聞いてきたら

その後の先生の様子は

何となく 予想出来ました


それは

 

親には 平謝りm(._.)m 

その後 

文句を言えない子供に対して

外からは 分からない様にチクチクと…

通知表で仕返しもあり😣


あるあるだと思います(>ω<。)

 

勿論 

ネエサンが出ていかなかったのは 

娘に

自分で何とかする‼️

というチカラを 促したかったからも

大きかったんですよ!

 

ですが~

 

大人の教師相手に

しかも 嫌われらヤバい( ; ゚Д゚)

と 顔色伺っている

生徒に 何が言えるでしょうか…


そんな訳でして

今回は ここまでにして💦


次回は 実際に教師としての人間性

疑うような発言や 行動の

身近であった実話

具体的な お話しますね