毒親⁉️毒妻⁉️毒姉⁉️日記

真面目過ぎる高校生のお嬢&面白過ぎる夫との日常と 亡き父から受け継いだ運送会社の切り盛りとで多忙過ぎる日々の中でも思うことは尽きず…

私立中学行った子

下の方にカテゴリー一覧あります お時間のある方 良かったら過去の記事覗いてみてください🎵

これから 数日間

ネエサンが 「直接知ってる」

いろんな人のお話を して行こうと思います


個人的な意見も含まれますが(´^ω^)


何かの参考になれば な~んて思ってます(^.^)



⭐~⭐~⭐~⭐~⭐~⭐~⭐~⭐~⭐~⭐



夫と結婚したばかりで

ネエサンか27~8歳の頃

夫側の親戚に

当時 小5の女の子がいました

 

顔立ちもとっても可愛くて💓

しかも 賢そうなお顔の女の子でした✨

 

若干 人見知りの子でしたが

なぜか ネエサンには とてもなついていて

その子の母親が 

とても不思議がってました(´^ω^)

 

当時 子供嫌いだったネエサンでしたが(^_^;)

(人による(^_^;))


ネエサンも その子の事だけは 

とても好きだったので

「遊びにおいで(* ゚∀゚)」

と言って誘ってました

 

でも

小5の その子は

週7で💦 習い事や塾へ行っていた為に

 

ネエサンの家に遊びに来る事もなかなか出来ません

でした(^_^;)

 

やっと 塾の時間を ずらして💦

小一時間 時間を作ってくれて

当時のネエサンのアパートへ

遊びに来てくれた事が1回だけありました

 

その時 小5でしたが

靴をきちんと揃えて

ネエサンが 作ってあげた

パフェみたいな物を お行儀よーく食べて

沢山 お喋りしました✨

 

 

普段は見せない 笑顔をネエサンにだけは

見せてくれて(^.^)

ネエサンも とても嬉しかったのを

よーく覚えています

 

その子のピアノの発表会を見に行った時も

演奏後に 花束を渡した時

他の人から 花を受け取った時は

人見知りからか だいぶポーカーフェイスだった

その子ですが

 

最後にネエサンが お花を渡した時

 

ハッとして ニコッと 歯を見せて笑ってくれました✨

 

その子を 小さい頃から知っている夫も

あんなに 嬉しい顔するんだ( ´゚д゚)

と ビックリしていました

 

その子ですが 

その後 

地元の公立中学へは行かず

 

都心の 私立中学を受験して合格し

私立中学へ 電車で通い始めました

 

その後は その子が 更に忙しくなってしまい

個人的に会うのは なかやか出来ませんでしたが

話によると

中学では 成績も良くて

ピアノも出来たので 何かの演奏会の

パンフレットの表紙に選ばれたりしていて✨

(顔も美人だったからね~✨)


頑張ってるんだな~(* ゚∀゚)と

ネエサンも 嬉しく思っていました🎵


 

ネエサンは その頃

自分は子供を産み育てる事は出来ない

と思っていたので 

何かの参考とかでも何でもなく✋

 

たまたま その子の母親に会った時に 

何となくなんですが


質問した事があります

 

何で 私立へ受験して行ったんですか?

 

深い意味ではなくて

本当に 素朴な疑問でした

 

そしたら 

そのお母さんは

 

数年後に 苦労するの分かってるんだから 

先に苦労しておいた方が 

後が 楽に決まってるでしょー(^.^)

 

と言っていたのを

今でも よーく覚えています

 

その後 自分が 

子供を産み育てる様になってからは

尚更 

その言葉をよく思い出します

 

どうしてかと言うと

 

その子は 

結局 

付属の大学へは進学しなかったのです

 

高校在学中に

美容師になりたい

と 親に言ってきたそうです

 

そして

結局は 親と大喧嘩になり

揉めに揉めて 

美容学校には 通わせてももらえず

 

大学も決めず 

専門学校も決めず

何も進路を決めないまま 高校を卒業


 

ネエサンは その子の事が

とても 気になりましたが

その子の親(親戚)は

その子の事を あまり話したがらない様になり

 

親戚でも その子がどうしてるのか 

よく 分からなくなりました

 

今は もう 30歳過ぎてるはずですが

良く 分かりません

 

夫方の親に聞いて

何となく分かってるのは

 

高校卒業して 直ぐに家をでてしまって

暫くは どこかで働いていて

たまに 実家に帰って来るけど

親との関係は イマイチ、、、

 

最近になって 

その子も 子供を産んだそうですが

今は

父親との関係は 戻っているけど

母親とは あまり 話をしない

 

との事です

 

ネエサンは 

そういう事例を知ってたからではなく


最初から

お嬢を 小学校や中学校から

私立へ

とは 一回も思った事が無いので

 

中学受験するか?しないか?

 

について 悩んだ事は 1度もないです


 

各家庭の考え方は いろいろあるし 

親の言う事を聞いて中学受験したから

結果 良かった!!

という子だって沢山いるでしょう

 

だから

何が正解とかは 無いとは思ってます

 

しかし、、、

 

個人的には

 

受験は その子本人が決められる歳になって 

親とも よーく話し合ってから  

自分で

決めた方が良いと思ってまいます

 

それを 小5小6の子が 出来るでしょうか、、、

 

しかし

この話に出てきた その子の母親だって


そもそも

その子に良かれと思っていたのです


そういう 導き方が その子には良い! 

と思っていたから

それが 

そのお母さんの「愛情」だったのですよね、、、



f:id:kyobachan:20200329164740j:plain



こんな感じで

ネエサン友達 夫の友達

ネエサンや夫の親戚

その子供達

仕事の知り合い

等々


悪い話ばかりでは ありませんよ(´^ω^)


読んでくれた方々の

頭のはじっこにでも 入れてもらって

何かの参考になれば(^_^)