ネエサンの頭ゆるゆる日記♪

心身共に代わり行く50代の日常を お喋り感覚で♪

部活と塾と塾長と②

 

①の続きです

 

kyobachan.hatenablog.com

 

でですね

その 有志合唱とやらは

3年生だけで 有志を募り

8月末に 大会へ出場

 

更に

10月の合唱際でも舞台で披露するんです

 

最初はネエサンは 猛反対したんですよ

だって😓 

ね~~ ①で書いた様に

吹奏楽部と朝~晩までの塾とピアノ伴奏だけでも

相当過酷なのは 分かってたのだから、、

 

そして

何より 松江塾という所は 

今のやり方については

細かい所までは 把握してませんが(常に進化してるので)

 

当時は ズームも無いし(-""-;)

他の用事があって休むとか遅刻するとか

例え それが 遊びじゃなく

学校関連の正当な用事だったとしても

 

遅れを

遅れたままにしてはならない場所なんです!

(だから 良いのですよ!!)

 

授業に遅れても 塾内のテストで 満点とれれば

問題無かったのですが

塾の授業を受けずに 満点取るのは

かなり厳しいですよ

そんな子は 滅多にいませんよ(いるの?松江なら居るのかな(^_^;))

 

しかも!!

◯◯点以上は 合格でーす

じゃーー無いんですよ

 

合格は 「満点のみ!!」

1点でも落としたら

追試 次でも落としたら またまた追試🌀

 

とにかく 満点取れるまで

追試のループは 続くのです(/_;)/~~

 

前半の 数日間 昼間の塾には

全く行けない状態

 

って 言う事は????

 

どこまで 

補習と追試を受けなきゃならないの?!(・◇・;) ?

 

と言う 不安がいっぱいいっぱいの状態で

夜中居眠りしながら ピアノやって

普通より 早く起きて

有志合唱の朝練なんて

考えただけでも 

疲れてしまいました😰(ネエサンが(;_;))

 

その有志合唱の参加不参加も

やはり 親が同意が必要だったので

 

最初は やらせてあげたいけど無理でしょ?!💢

って言ってたんです

 

しかし、、、

お嬢は 最後の合唱際、、、

有志の子達が 舞台で楽しそうに披露してるのを

客席から 見なきゃならなくなる、、、

 

この有志合唱の親の同意のプリント提出の時は

夫婦喧嘩にも発展しました😣

パパは 絶対にやめさせた方がいいって言ってました そんなの無理だよ💦って、、、

 

実際 参加の基準には 何回だったかは

忘れちゃったのですが

◯回以上 練習に参加できる人

という 定義がありました

 

お嬢には 「やめた方がいい」って言ってた

ネエサンでしたが

お嬢の部活と塾と合唱練習のスケジュールを

穴が開く程よくよーく見ると

相当大変だけど全くの不可能では 無い、、、

 

パパは 本心で無理でかわいそうだと言ってるが

ネエサンの本心は やりたい事を親がやめさせるのは もっとかわいそう 出来ればやらせてあげたいとは 思ってはいたんですよ

 

だって

最後の合唱際 

あんなに頑張ってピアノ伴奏もやるのに 

合唱際当日 客席で 

「やりたかったなぁぁ( ´-`)」と思いながら

有志の子達を見るのはかわいそうだと思ったから、、、

3年間ピアノ伴奏頑張ってきて 最後の合唱際を

晴れやかに終わらせてあげたかった

 

しかし、、、

お嬢の予定表を 見ると かなり厳しい💧

空いてる時間があったら

塾の遅れを埋めた方がいーんじゃないか?!

という 日々の連続、、、

 

更に その時点では 部活の引退も

いつなのかは 分かってなかったから、、

 

ネエサンは  何がその子の為なのか?!

と 夫婦喧嘩しながら(笑)

悩みに悩みました

そして

お嬢が 持ってきた親がサインする所には

ネエサンの名前をちゃんと書きました

 

そして

参加 不参加の所の方は

「鉛筆」で 不参加 に丸を付けました

 

そして お嬢に

「ママは 身体の事を考えたら やってほしくないけど 最後の合唱際を モヤモヤした気持ちの日にさせたくもない 

やるなら相当な覚悟がいるけど それでも

やる!!つもりなら 不参加は鉛筆で書いてあるから 消して 参加に丸を付けて出しても良いよ 後は自分で決めなさい」

 

と言って渡したら

やはり 参加に◯を付けて出してました(ーー;

 

こんな事もあり 

部活 塾 ピアノ伴奏 合唱際の練習参加

プラス 学校の宿題 塾の課題

 

と どんどん増えましたが💦

 

夫は無視して(笑)

ネエサンが全てのスケジュール管理をして

夏休みに突入!!!

って頃

今度は 部活で ディズニーで演奏を申し込む

という プリントが配られました

またもや 親の同意のプリントです😓

 

これは 送った動画の審査に通ったら

出場出来る という物でしたが

参加不参加は自由とは言うものの

お嬢は やりたがってる(-""-;)

でも やりたいの分かる(-""-;)

ネエサンだって見たい(-""-;)

更に お嬢は 部長だったので 

不参加はビミョー(-""-;)

 

ん~~~?!?!?

 

どーしたらイーーーの~ーーー?!?!

 

持ち帰った プリントを見ながら

お嬢とプチバトル( `ー´)

 

なのですが その日は塾があったので

言い合ってる暇はなく

塾へ送って行きました

 

帰宅後 ネエサンは プリント見ながら

( ´-ω-)( ´-ω-)( ´-ω-)( ´-ω-)

 

で そうだ💡 真島先生に相談してみよう

プリントを写メで送り 

 

お嬢は部活と塾と合唱があるのに

更に  こういうのが来たんですが

どうしたら良いと思いますか? 

塾の遅れは 追い付きませんよね

みたいな内容を

 

ネエサンは お風呂に入る前に

真島先生にメールしました

 

そして 

お忙しいはずなので 返事は直ぐの直ぐじゃなくても良いです

と 言ったと思います(いつも言ってるから)

 

なのに!!

ネエサンが お風呂出てきたら

既に 返信が来ていて

 

「◯◯に話してあります 多分スッキリした顔で 帰ると思います!!」

◯◯はお嬢の名前

 

という 返事が 来てました

 

そのメールには どんな事をお嬢に言ったのかは

書いて無かったので

お嬢を迎えに行って 直ぐに聞きました

 

そしたら こう言われたと言ってました

 

そういう 

大変な事の1つ1つを乗り越える事は

ちゃんと脳に記憶されて 

その経験は一生の成功体験として

脳に蓄積されて行く

 

文言はちょっと違ってるかもしれないけど

こういう事を 個人的に呼ばれて

話してくれたそうです

 

そして 塾に行く前は 

険悪だったネエサンとお嬢ですが

 

参加で出そう!何で今年なの~~(;゚∇゚)

と 笑いながら帰って来たのを覚えています

 

ネエサンは 元々めんどくさがりで

大変な事は避けて 楽したい方ですが

 

今でも この 

「脳が一生の成功体験として記憶していく」

って話は 年中思い出します

 

結局は 審査には通らず 

出場は出来なかったので

あれだけ悩んだのは なんだったの(/_;)/~~

って感じなんですが

 

真島先生から

お嬢とネエサンは とても大事な事を学び

成長したのでした(^.^)

 

そして 部活も 勝ち進む様な事はなく

7月30日のコンクールで 

一回区切りが付きました

でも 夏期講習は その数日前から

始まってはいたので 

遅れは 追い付けないとなりません💦

 

それまでは 個別授業を申し込みたい時

ネエサンが 先生にメールして予約してましたが

 

中3の夏休みについての遅れや 

追試が どのくらい貯まってるのかも

よく分からないので

 

遅れた分の補習に関しては

お嬢本人に 直接先生に予約を取ってやる様に

と 言いました

(後に これは 自分で考えて計画を立てる事に凄く役立ち 今は 自分で計画して あれこれやってます)

 

そして 8月に入ってから

大量の遅れを 夜休みの時間も削って

補習を受けていたみたいでした

が 様子の見えない

ネエサンは 

ちゃんと出来ているのか?と心配してました

 

と そんなある日

お嬢が 塾に行ってる時間

ネエサンが 毎日毎日読んでる

真島先生(id:goumaji)のブログを 読みました

 

そして

これは お嬢の事だろうな

 

という 投稿がありました

 

ネエサンは 

読んだ後 涙が出ました

 

その投稿が こちらです

f:id:kyobachan:20200721105650j:plain

 f:id:kyobachan:20200721105718j:plain

 f:id:kyobachan:20200721105742j:plain

 f:id:kyobachan:20200721105809j:plain

 

お嬢は ネエサンが思ってた以上に

成長してました(ToT)

 

そして 

お嬢が帰って来た時

「今日真島先生の個別受けた?」

 

って 聞きました

 

そしたら

「受けたけど」

 

「他に受けてた 吹奏楽部の子いた?」

 

「多分居ない」

 

やっぱり!!

 

一応確認は したけど

ネエサンは 分かります

 

だって 

このブログの中の

「中1の頃は理解に時間がかかるな 

 と思っていた」

 

と いうくだりは

 

ネエサンが 真島先生は 良く1人1人見てるな

と 感心した事

 

そうです

お嬢は 理解に時間のかかる子だったんだから

でも 

コツコツコツコツやる子なんだから 

 

だから これを読んで

直ぐに これお嬢の事言ってるな

 

と 思ったのです

 

やっぱり お嬢の事だったんだ!

と 分かったから

 

この投稿を お嬢とパパに音読しました

 

ネエサンは お嬢に

 

頑張ってきてよかったね~~

ママは 一緒に走ってる感じがしてるから

本当に嬉しい(ToT)(ToT)

 

と 大号泣しながら 言いました

 

そして

 

お嬢も 滅多に直接は 誉めない(笑)

 

真島先生とママに誉められて

 

泣き笑いしてました( T∀T)

 

(パパはカヤの外状態(笑))

 

 

そうやって

お嬢は 親や塾のサポートはあったものの

 

自力で

 

超絶に爆裂した熱い中3の夏休みを

越えたのでした

 

その 体験は 

一生脳に記憶されてるはずです

 

ネエサンは

あの夏休みで寿命縮まったかもしれないけど💦

この 真島先生のブログにより

縮まった分以上に延びたと思います(*^ω^)