ネエサンの頭ゆるゆる日記♪

心身共に代わり行く50代の日常を お喋り感覚で♪

女性の人生と仕事の話

ネエサンがお嬢に話してきた

お金の話 仕事の話 

をいろいろ書いていこうと思います

 

なぜ いろんな話を聞かせるだけ

どんどん聞かせてるかという事の理由は

昨日投稿しました

 ↓

kyobachan.hatenablog.com

 

お嬢に話す事は

⭐ネエサンや夫の体験談

⭐知ってる人の体験談

⭐テレビのドキュメンタリーで見た事

 

が 多いです

 

お嬢は 知っての通り女の子です♀️

 

なので

自然と「女性と仕事」の話は多くなってますが

 

結婚する時などは

お相手の男性♂️の仕事

働き方(転勤など)や収入なども

きちんと理解した上で 

じゃあ

自分は仕事どうするのか('_'?)

など それも含めて 考えた方が良いので

 

女性の仕事ばかりではなく

男性の仕事の話も無関係とは思わずに

耳に入れてます

 

ネエサンが知ってる限りですが(^_^;)

 

ネエサンがお嬢を育てていて

最終的にはお嬢が決めれば良い

と思う事ばかりですが

 

いくつかは これは勧めたいと思い

アドバイスし続けている事があります

 

それは

結婚する事と結婚後も働き続ける事です

 

 

お嬢は独りっ子なので

親が死んだら本当に身内は居なくなり

1人になってしまいます

(兄弟は居れば良いって訳でもないけどね(-""-;)

 ネエサン談w)

 

ですが(^_^;)

一緒に生きていけるパートナーは見付けて欲しい

と思ってます

それと

現在 お嬢高2 ネエサン52才なので(-""-;)

早く結婚してくれ~って言ってます(笑)

自分はお嬢を産んだ時からお嬢を育てながら

働く時 両家の父母達に本当に助けてもらったので

お嬢が 子供を産んだら

手伝ってあげたい 

と思ってるから なるべく早くして欲しい(^_^;)

 

でも これは あくまでも親の希望ですf(^_^) 

 

ネエサンは 自分もそうだったし

いろんな夫婦を見てきて

結婚も、すりゃ~良いとは思ってない派

なのですが

自分が 結婚して良かったと思うので

お嬢にも 

家庭を持ってもらいたいと思ってます

 

お嬢には

相手がよっぽどの悪人でもない限り 

誰と結婚しても そんなに変わらない

って言ってます(*^ω^)

 

最初は みんな好きで結婚するけど

ケンカもするし 

この人で良かったのか?!と

お互いに思ったり(-""-;)

年齢や環境と共に 人は変わって来るし

(ちなみに家の夫は変わらない良くも悪くもね💦)

 

勿論 誰でも良い って事じゃないけど

家を買う時と結婚を決める時は 

思い切りが大事!!

って言ってます(笑)

 

家や結婚相手は 全部を見て決められない!

って言ってます(*^ω^)

 

実際 ネエサンと夫は

思いきりで結婚した訳では無いですが(笑)

そんな事も雑談として話ながら

自分はこの人と結婚したい

と思う人が 早く見つかるといいね

って 言ってます(^.^)

相手にも思ってもらわなくちゃダメだけどね(^_^;)

 

結婚の話しになってるな(^_^;)

 

でもね

女性と仕事っていう話をする場合

結婚の話って重要だと思うのです

 

いくら 世の中

女性の社会進出!!と言っても

女性が 働く場合は いつか絶対に

 

⭐結婚する?しない?

⭐出産する?しない?

 

結婚と女性の仕事との関係は

その後の

出世する?しない?

出世したくても出来ない?!

などにも大きく関わって来ます

 

もちろん 全部をきちんとこなしてる方も

沢山います😃

 

でも なかなか それが

叶わない職種や会社もあり

せっかく 入った会社 せっかく覚えた仕事を

辞めざるを得ない女性は まだまだ沢山います

 

 

ネエサンが 若い頃は

「寿退社」する人がほとんどでした

 

どんだけ 素敵な男性と結婚を決めて

花束💐貰って数年間勤めた会社を退社していくか

を競ってる女性も多かった(笑)

 

ネエサンはOL(今こう言わない?!😁)

では無かったので

自分の回りには

中高年になっても服飾の仕事してる女性ばかり

でしたが ほとんど独身でした

その中でも 既婚者は居ましたが

全員 同業者同士の結婚でした

 

アパレルも含め

一般的な会社勤めでは無い場合は

土日休みでは無かったり

夜も帰りが遅いのが普通です

 

ネエサンは

本当は 洋服の仕事が好きなのです

 

でも 全く違う職業の男性との結婚の場合は

結婚生活との両立は 厳しいです

スレ違いも増えるはずです

 

自分の経験上

好きな仕事をする場合は

結婚と仕事を天秤にかけなきゃならない事も

想定しないとね

と お嬢には言ってました

 

たまたま 当時働いてた会社を辞めて

違う洋服の会社に転職しようとして

ちょっとだけ休もう と思ってた時期に

夫と知り合ってしまったので(言い方変?(笑))

その後の予定を変更して

服飾の復職は止めました(オヤジギャグか?!😅)

 

でもそれは

悔しい思い出や嫌な思い出ではありません

 

仕事に対する意識の様なモノは

社会に出た最初の洋服の会社で学びました

(厳しかったから💦その内書きます😄)

 

だから 結婚後 同じ会社や同じ職種を

続けてる訳ではないけど

 

その後の人生に 本当に役だってると思うし

自分の誇りでもあります

 

結婚前の仕事を続けなくても

本人が 「あれはあれで良かった!」

と思えれば それで良いのです

 

お嬢にも そういう事は話してます

 

しかし!!

 

当時と現在と 世の中は変わってます

 

当時は お給料は 普通の人でも

毎年毎年上がって行きました

 

ボーナスや退職金も「ある」が当たり前でした

 

でも 今は 

世の中いつどう変わるかわかりません

 

大企業程 会社継続の為に

大人数ドバッとリストラされる事もあります

 

更に コロナウイルスの影響で

今年 ガラッと変わってしまいました

 

本当に人生何が起こるか分かりません

 

旦那様が高月給だったのに

いつ それが崩れるかも分かりません

 

そんな感じで

結婚してても いろんな事を想定しといた方が良いと思います

 

それから

結婚しないで

女性1人誰にも頼らず

独身でバリバリ働いてたとしても

35才~40才頃

「このままで良いの(; ̄Д ̄)?」

 

と 感じる時が絶対にある!!

とお嬢には言ってます

 

結婚するしないは 自由だし

結婚は遅くなってからでも出来る

でも

出産には期限がある

 

とか

こんな話をお嬢が まだ小学生の頃から

雑談としてだけど 話してますが

 

ネエサンが一方的に話すだけじゃなくて

 

その時その時に

お嬢が発する言葉も聞き逃さない様にしてました

 

そして

それに関連する ネエサンの知ってる事を話す

という感じです

例えば

「土日休みの会社がいい」とお嬢が言ったら

まだ 小さいから その時その時の思いつきで

いろんな事言ってきましたが

 

それに いちいち

「それだったら こんな仕事があるね

と言って

 

その仕事の内容とか お嬢がこの先

「結婚 出産をするとして」という体で

知ってる限りの話をしました

 

知り合いに その職種の人がが居れば

「◯◯さんはその仕事だよ」とか

「◯◯さんは 元 その仕事だよ」

などと具体例で話すと 

お嬢も想像しやすかったみたいです

 

いろんな話してますが

 

お嬢には やはり

「自分の仕事は持ってもらいたいなぁ」

と思って そうアドバイスはしてきました

 

お嬢は ネエサンも含めて

ママ友や知り合いの女性は

ほぼ全員働いてるので

女性も外で働くという事は 当たり前だと

思ってる様です

ネエサンが勧めてるのは

社員として長く勤められる仕事です

 

なぜなら

結婚するかしないか 出来ないか分からないし

 

子供を産むか産まないか出来ないかも分からない

 

ここ数年?イヤ平成の中盤からは

世の中厳しいと感じます

 

ネエサンの若い頃みたいに

「好きな事で沢山お給料を貰う」のは

厳しくなってます

 

ネエサンの若い頃はバブル真っ盛りですが

 

今は 職種は 多種多様化してますが

なんでも 生活出来る位稼ぐのは大変です

 

バブルの頃は 給料ボーナスも沢山貰いましたが

その時の若者と同じ考え方ではダメです

 

今の世の中の状況を お嬢にはなるべく

話続けてきました

 

 

このコロナの影響で

今までは 出社しなくては仕事出来なかった

女性でも

在宅で出来る様になった人も居ます

 

これからは 女性も働き方が

もっともっと変わってくるかもしれません

コロナが終息したら

在宅モードは何処へやら、、、

と 以前に戻ってしまうかもしれません

 

そんな話もお嬢にしました

 

それから

どんな厳しい状況でも

 

結婚後も仕事を続ける予定

出産後も仕事を続ける予定

 

と何でも「やる方」で考えておいた方が良い

 

って言ってます

 

やらないなら やらなきゃ良いんだから

出来る人が やらないのは簡単

 

みたいな感じです

 

やるつもりじゃ無かった人が

急に やるのは大変だ と言ってます

 

結婚後も出産後も仕事を続けるつもりで

「きちんとした職種」についておく

 

そうすれば もしかして

そもそも結婚しなかったとしても

 

自分の名義で住宅ローンの審査が通る

位の仕事についてれば

誰のお世話にならなくても

やっていけるんじゃないか と思います

 

ちなみに 住宅ローンの審査は

年収の高さがポイントでは無いですよ

 

職種の信用度を重視されます

 

そういう話もお嬢にはしてあります

覚えてるかは別ですが(^_^;)

 

女性の働き方については

時代が変わると共に

どんどん変わる部分と基本的には変わらない部分があると思います

 

そういう 話を

常にお嬢には 今後も聞かせて行ける様に

自分は アンテナ高くしなきゃな!!

 

と 思っています

 

とにかくお嬢には

夫婦2馬力で働く事

を想定しておくと良いといつも言ってます

 

ガネしゃんの記事より

f:id:kyobachan:20200910154017j:plain

自由になるお金や貯金を増やしたいのなら

年齢関係なく

働く事をネエサンもお勧めします(^ー^)

 

夫婦間の話の話題も増えますよ(^.^)

 

結局今日も長くなっちゃった💦

結婚の話したからだなf(^_^)

でも

我が子が女の子でも男の子でも

女の子なら尚更

結婚と仕事って切っても切れない繋がりは

ありますよね


ネエサンの友達の娘などはもう社会人が多いです

最近の女の子は

結婚と同時に仕事を辞めない子が多いです


でも

やはり 10年以内に辞めてしまう?

辞めざるを得ない?女の子が多いのは事実です


せっかく入った 一流企業やヤリガイのある仕事「でも」です


ここ数年で 働き方改革がされたのにです( -д-)


見てると もったいないなぁぁと思う女の子は

やはり 多いです


子育て一段落してから

元の職場に戻れなくとも

元の職種に戻れる様な仕事を勧めておくのも

良いと思います


選ぶ職種は

ネエサンの様に やりたい仕事を独身時代や

子供が生まれるまで

めーーいっぱい やりきって

次の生き方に繋げる人もいれば


お嬢の考えの様に

仕事とプライベートは分けて考えたいタイプも居ます


本人がいろいろ調べる事が一番何よりですが


まだ 社会を知らない分

親もいろいろ教えてあげる事も

必要かとも思います


 

f:id:kyobachan:20200910161409j:plain