ネエサンの頭ゆるゆる日記♪

心身共に代わり行く50代の日常を お喋り感覚で♪

見守るしかない、、②

 

①の続きです

 

kyobachan.hatenablog.com

 

 

日曜のコンサートは

3部構成の全部が終わり

最後の最後アンコールのメドレーの前に

講師のスピーチがありました

その時に言っていた内容の中に

 

開演前のいろいろな

バタバタの話がありました

その中の1つに

 

舞台に飾る 一番重要な

クリスマスコンサート と書いてある

大きな看板?



なんと 

あれを学校に忘れてきた

 

って言ってました

 

その話を聞いた時は

 

え~💦あれ忘れちゃったの(^_^;)

って思って聞いてましたが

 

でも本番では最初から

ちゃーーんと下がってたから

 

まー

結局は 何とか間に合ったんだなぁ

 

なんて思いながら

 

やっぱり 今回は

いろいろな段取りも遅く

指示も上手く回らなかったのだな

って思いました

(でもそんな大事な物忘れちゃダメだロー

とも思いましたよ(-""-;))

 

 

だけど それと同時に

 

今年はどうやって開催するのか?

 

という

感染予防策とか

いつもは「親子で楽しめるコンサート」

なのに

今年は子供が呼べない為に

 

1から考えなくてはならない事など

 

例年では考えなくて良かった事を

 

考えなくてはならない事柄が沢山あったのだとも思いました

 

だから

大事な事が抜けちゃったりしても

仕方ないのかな???(ーー;とか

いろいろ思いましたが

 

幹部も部員も今年は

大変だったんだろうな(ToT)って思いました

 

でも

コンサートは大盛況で終わり

 

これで

お嬢もやっと一息出来るだろう(T▽T)

 

って思ってたのに

 

帰宅後お嬢が泣き出したから

 

最初は

数日前から寝不足で頑張って

いろいろ大変だったから

 

無事に終わってホッとしたら

何だか泣けて来たのかな(・・?

って思ったんです

 

しかし

他に何かあったのかも、、、

とも 思ったから

 

理由を聞いたら

 

何を最初に話したら良いのか

分からない様子でしたが

 

泣きながら

お嬢にしては 結構興奮状態で

ボワーーッと話して来ました

 

様子を見ると

何か 悔しそうなのです

 

その時お嬢が言ってた話を書きます

 

 

まずは

忘れた看板を自転車で学校に

1人で急いで取りに行き

片手運転で爆走したら

看板持ったまま

自転車で大転倒した との事

 

それも

個人的に頼まれた訳でも無いのに

自分から「行ってくる」と言って

自転車で 取りに走ったらしいのです(-""-;)

 

一昨日は 衣装で準備した

黒いパンツを履いて帰宅したので

 

てっきり 寒いからだと思っていたら

 

自転車で転んだからだ と言うので

 

ケガしなかったの?!?!見せてみ

 

と言って ズボンを脱がせて見てみたら

 

片足の膝上から膝下まで

擦りむけが酷くて

黒のズボンだから分からなかったけど

ズボンは

乾いた血でカピカピになってました

 

さらにもう片足はふくらはぎが

少し切れてました

 

考えてみたら

そのケガは 

コンサートが始まる前だった訳ですよね

 

あんな大きな看板を

自転車で取りに行くと言う方も

 

取りに行かせた方も 

 

何を考えてるの?!って思いました

 

自転車じゃムリな大きさだろうと思います

 

実際

取りに行った看板は

大きく丸めて保管してあったらしいです

 

それを 何とか片手で持って

片手運転で 急いだら

自転車専用道路と歩道の間の

段差でタイヤを取られたとの事

 

ゆっくりこいでたら

あそこまで 擦りむけなかったとも

思うけど

なんせ 焦って爆走してたから

相当なスピードでコケたと思われます

 

でも コンサート中は

そんな顔はしてないし

振り付けなどもちゃんとやってたから

 

まさか そんなケガをしてるとは

思わずに観てました

 

でもね

切れた方はキズも浅く

膝は相当擦りむいて痛そうでしたが

その位で済んで良かったのです

 

本人は そのケガが痛くてガマンしてた事に

泣いたのではありません

 

結局は

何で号泣したのか?はハッキリとは

聞いてませんが

 

看板持って大転倒した事も含め

いろいろな思いが重なったのでしょう

 

何日も前から 何とかいろいろ手伝いたい

と思って頑張っていた事が

やって良かった!!とは

ならなかったのでしょう

 

お嬢は「お手伝い係の長」

でしたが

 

多分 その

「お手伝い係」の仕事が

ハッキリとしてなかった事も 

急遽

「自分がやるんだろう」と

何でもかんでも引き受けてしまった

原因かもしれません

 

二日前のポスターもそうです

 

ポスターと言えば

お嬢が そんな状態じゃ無かったら

聞いてみようと思っていた事がありました

 

それは

公演二日前に夜中3時頃まで書いていた

ポスターが

何処にも貼ってありませんでした

 

でも聞かなくても

何となく理由は分かります

 

そもそもお嬢が白い紙を持ち帰って来たとき

 

「それ書く意味あるの?使うの?」

 

って聞いたんです

 

例年のクリスマスコンサートは

「子供と楽しもう」と言うコンセプトで

赤ちゃん 幼児 小学生大歓迎

演奏中の出入りも自由のコンサートで

 

開演前後の数十分間

ホールのロビーの様な場所で

「楽器を体験してみよう!!」

のコーナーが作ってあり

子供達に楽器の説明したり

実際に楽器に触れてもらおう♪

という企画がありました

 

去年観に行った時は

各パートでブースを作り

部員が子供達と楽しそうに触れ合ってる姿を見ました

 

そこで 各パートのコーナーの所に

楽器の絵と上に楽器の名前が書いてある

A3位の看板の様な物が出ていて

 

あ あそこはサックスだな

あそこは ホルンだな

 

などと

見てすぐ分かる様にしてありました

 

お嬢が描いていたのは

その 看板全部の下書きです

 

今年は子供との

楽器と触れ合おうコーナーが

出来ないのに

 

何で?ポスターを描くのか??

 

って思ったから

 

「それ今年いる??」って聞いたのです

 

そしたら

 

「今年は 写真撮影だけやりたい人は

やれるコーナーを作るらしい」

 

ってお嬢が言ってました

 

それを聞いても

 

「写真撮影にしても そこに人が集まるよね

コンサートだけはしっかりとやって

後の事は 密になりかねないから

今年はそういう企画は

やらない方がいいんじゃ無いの?

子供の体験が出来ないなら

何も無くていいんじゃない?」

 

って言ったんです

 

そしたら

「そういう話も出たけど

結局はいろんな事をいろんな人が言うから

決まらなくて 毎年やってる事に近い事は

やった方がいい」

 

って 今日決まった

 

って言ってました

 

そして

「今日自分が下書きをして

明日(コンサート前日)に誰かが色を塗る」

 

とも 言ってました

 

それを聞いた時

 

⭐顧問や講師は コンサート以外の企画は感染予防の為 全て無し と言う指示は出さなかったのか??

 

⭐お嬢が描いた9枚の下書きに色を塗る人は決まってないみたいだけど 

コンサート前日はリハーサルを1日やるんだから 誰かが塗るって言ってるけど

いったい 誰が塗るの??

 

って 思ったので

お嬢には 言いましたが

 

一応 部長を含む部員との話し合いで

決まったから 

下書きを「引き受けた」みたいでした

 

しかし、、、

 

あんなに一生懸命描いていたポスターは

何処にもありませんでした

 

そもそも

お嬢が言っていた

「写真撮影コーナー」は何処にもありませんでした

 

多分

 

⭐「直前で」ストップがかかった

 

 

⭐色を塗る人が居なかったのだろう

 

と 思います

 

 

だから

夜中まで一生懸命描いた下書きは

何処にも何にも 

役には立たなかった という事です

 

しかし

この企画が無しになってた理由や

一生懸命描いたポスターの下書きは

どーしちゃったの?!

とは

号泣しているお嬢には

聞けませんでした

 

 

お嬢から聞いた話は

もう1つあります

これは 去年からp(`ε´q)ブーブー

言ってる事ですが

 

お嬢の所属する吹奏楽部は

 

校外での演奏の際

楽器を移動する為にチャーターした

トラックへの楽器の積み込みは

 

自転車通学の通称「チャリ組」がやる

 

という 決まりがあります

 

しかし

やってみて分かった様ですが

 

昔と違って

市内からの生徒が少ない為に

「チャリ組」が本当に少人数なのです

 

吹奏楽部 1年と2年合わせて

5~60人位は居るのかな?

 

その中でもチャリ組は10人も居ません

 

さらに 今年は

去年より減ったそうです

 

お嬢から聞いたのですが

トラックに楽器を積むのって

壊しちゃいけないから

かなり気も使うし 

行きは上階から一階に

帰りは 一階から上階へと

運ばなくてはならない

 

でも

「電車組」の子達は

ほとんどの場合

現地集合 現地解散も多くて

演奏しに行くだけ

 

に なるとの事

 

その一方 「チャリ組」は

積み込む為に

トラックの荷台の大きさを聞いて

積み込み方を計算したり

 

前日

上階から階段で楽器を降ろして来たり

 

当日

朝早く 一回学校へ行って

楽器をトラックに積む手伝いをしてから

 

自転車で 現地へ向かう

 

という

電車組 と比べたら

集合時間も早くて

結構ハードな事な事になります

(毎回早朝弁当作って出すのも大変でした💧)


現に今回は 昨日も書きましたが

前日9時半頃帰宅し

持ち帰った何か(ポスター以外)をやり

当日朝7時頃集合



今年はイベントが少なかったから

今回のクリスマスコンサート以外には

そういう楽器の移動は無かったけど

 

去年は 何回もイベントが

あったので

その都度その都度

チャリ組は活躍しなくちゃならなくて

 

相当疲れてました(ーー;

 

そんな感じで 

今年は

最初で最後のイベントになってしまった

クリスマスコンサート

 

去年より少ないチャリ組

 

お嬢は

お手伝い係長&チャリ組

という 

「2大大変な雑務」を兼務する事に

なってしまったのです

 

お嬢の涙の理由は

 

⭐看板を自転車で取りに行って大転倒

 

⭐ポスター使われず

 

⭐チャリ組が大変過ぎた

 

と この3つが大きな理由みたいでした

 

その他 細かい事も

いろいろと言ってましたが

 

そのどれもが

「やる人居ないからやっただけなのに

みたいな事でした

やる人居ないからやったけど 最終的に

上手く回らなかった事も多々あったらしい

 

でですね

 

お嬢の 涙の理由の中で

お嬢が 

一番 悔しくて

思わず 泣けてしまった理由は

 

「チャリ組」と

「電車組」気持ちの温度差

 

だと思います

 

この話の時に

一番 ヒートアップしてました

 

去年も言ってましたが

 

チャリ組の大変さを他所に

 

電車組は呑気な様子

 

でも

お嬢が言うに

 

「電車組だったとしても

 それなりに 手伝おうとしてくれるなら

 まだ良い」

 

けど

 

「手伝いたくないから

 わざと 遅く来る人も居る」

 

それから

一昨日のクリコンの帰りは

 

会場は

旧市民会館前の後ろにある会場だった

為 会場は同じ市内という事で

 

電車組も 現地から直帰ではなくて

一回は 学校へ戻る

という決まりになってたらしいのです

 

その時も

全員とは言わないけれど

 

その日はバスで移動の電車組の子達の

中でも

 

片付けを手伝いたくないから

バスを数本遅らせたりする人も

居たらしく

 

さらに 

学校へ着いてからも

チャリ組の数人は 先に着いてるから

楽器を階段で 上階へと

せっせと運んでいるのを横目に

 

自分の楽器1つだけを持って運び

それだけで 終わりにして

喋ってる電車組が 結構居たとの事

 

お嬢は

きっと 

 

数日前からバタバタしたけど

 

立派に本番を成功させて

 

最後の最後

 

片付けの時に

 

部員全員で さっさとやって

 

「気持ち良く終われてれば」

 

いろいろあったけど(T_T)

 

終わり良ければ!の感覚で

 

終われたんじゃないかと思います

 

もし

最後 

バスで学校に戻ってくる子達も

早く戻って来てくれて

みんなが片付けを手伝ってくれてれば

 

お嬢は 家で

泣き出す事は無かったんじゃ無いかと

思います

 

あとは

自転車で看板を取りに行った時に

大転倒しなきゃ

 

あそこまでは

号泣しなかったのかとも思います(ーー;

 

 

こんな感じで

お嬢からの 号泣アウトプットを

聞いてから

 

たまたま ビールを飲んで無かった為

(ホントに偶然でした💦)

 

パパと2人で

キズパワーパッドを買いに

すっ飛びました(パパの運転)

 

その道中

 

パパにだいたいを話して

 

回りの人間に対して怒り狂う😡💣⚡

パパを抑え💦

 

「私だって

 見ててかわいそうだけど

 もう高校生だから

 あとは

 自分で気付いて変えてくしかないんだよ」

 

って言いました

 

お嬢は

大泣きしながら ネエサンに全部を

ぶちまけて 少しはスッキリした様でした

 

おわり

 

じゃ~ありません(^_^;)

 

次は

お嬢の話を全部聞いた後の

ネエサンからお嬢へのアドバイス

 

結局は

指摘になっちゃった という話

 

ネエサンは

お嬢に

「お嬢はお嬢で良く頑張った」

とは 言いましたが、、、


先日のブログで


お嬢はお嬢で

そのままでいーんだよな


と 思いました


なんて言いながら( ̄ー ̄)

 

今回


「回りに気の使えるイ~子だね

 お嬢は そのままでいーんだよ」

 

とは 言えなかったのです


きっと 優しいお母さんだったら

頑張ったのに

悔しい思いをしてる我が子を

誉めてあげて

慰めるかもしれません


手伝わない回りの子達を攻める様な事を

言って

あなたは間違ってないよ

って言うかもしれません


しかし

ネエサンは 違います 

今回も違いました


でも それで良かったのかどーか

ビミョー(; ̄Д ̄)?


昨日までは思ってましたが


今日は

「あれで良かった」と思っている

ネエサンです(笑)


次回は ネエサンがお嬢に言った事の

話に続けます