ネエサンの頭ぐるぐる日記♪

50代ネエサンの雑談です♪ ただの日常、1人娘(高3)や夫の話、仕事、音楽、ファッション、ネエサン流手抜き料理! 思い出話など今日は何の引き出し開けようかな♪

我が子を客観的に「も」見てみる

今日は

お嬢を客観的に見ています

と言う話です

 

親は 子供を見る時

人と比べるのでは無く

「その子なりに成長」してる事

を喜べば良い!!って思います

 

これはホントに思ってます

だって

今まで出来なかった事が

今出来る様になった!!

って言うのは

親にしか分からないからです

 

でも

子供が大きくなるにつれて


親は褒めてるけど??


世間的に見たらどーなの(・・?


って事もネエサンはよく考えます


 

ネエサンもお嬢を見ていて

成長したなぁとか頑張ったなぁ

と思った事は 

 

そのまま すごーく褒めます

 

「やたらと」褒めないで育てて来た

ネエサンですが

 

自分の感覚だけど

お嬢が

これは頑張ったな

とか 

きちんと結果?成果?を出せた時

には

その過程も含めてやりきったお嬢に対して

よくガンバったね

とか

ママは嬉しい(^o^)って言いますよ

 

でも

お嬢が大きくなるにつれて

小さい中

褒められてるだけで良いのか?

とか思うのです

 

ちょっと言い方が難しいのですが

 

例えば

 

先週ネエサンは

定期演奏会前後の話ばかりしましたが

 

その位いろんな意味で濃かったので 

それはそれで良いのだけど

 

内容は

ネエサンが

見たり言ったり感じたりした事

そのまま書いたので

 

かなり 感情的になってたり 

かなり 我が子を「ひいき目」に見た

話になってるとも思います

 

特に 後半の

お嬢は100個位成長してました!

と言う話などは

 

読んだ人からしたら

かなりの親バカって思った方も

居るんじゃないでしょうか

 

でも!!

あれはあれで良いんです

 

我が子の苦労をずーっと近くで見てて

途中 いろいろあったけど(^_^;)

 

お嬢は

思った以上に

段取りもきちんと出来てて

最終的にやりきれたのだから

(親の手伝いはあったけど💦)

 

親としては!!

十分に喜んで良い事だと思ってます

 

だから

ブログに 

その気持ちを細かく書いて

残したのです

 

でもでも?!


客観的に見たら??

 

今回の定期演奏会での

お嬢のやった事全部は


どーでしょうか(・・?

 

確かに

経験者が居なくて

誰も教えてくれる人が居ないから

今までの資料を読み尽くして 

短期間に仕事を把握した事

凄い!!と思います

 

これから社会に出て仕事をする時

前の資料を見て 

今回はどうするのか?って考えるのは 

とても大事な事だし

 

前回までの反省点を読んで

今回はそうならない様に考える

 

って事も

とても大事な事なのは分かります

 

しかし!!

 

仕事は

自己満の作品では無いのです

 

特に 

課として取り組んだり

チームを組んで仕事をする場合は

 

お嬢の様に

やり過ぎるタイプ

回りから見たら

余計な仕事を増やした 

って思う人が多い場合もあるのです


それに最初は誰だって

「慣れてない」と言うのもありますが


仕事は

「1つの事」にあんなに時間をかけたら

次の事が出来ない


もしくは 遅れてしまう

なんて場合もあります



実際

今年の事を振り返ると

 

今までは 

各担当に1枚渡せば良かった資料を

 

これをプラスした方が

みんな困らないかな?と考えて

フロアマップや名簿や役割分担の資料も

全員に付けました

 

確かに

その方がより良いのは分かります

 

それは

お嬢の「優しい気持ち」や「気づかい」から

来たのかもしれません

 

だから

「その資料を増やしたんだ」

 

と直接聞いた時は

 

よく気が付いたね

どんな係でも来場者から見たら

スタッフだもんね 

だからその資料みんなが持ってれば

今年は誰が何を聞かれても

困らないだろうね(^_^)

 

って言いました

 

ネエサンがいつも言ってる事を

聞いてない様で聞いてたんだなぁ

って思いました


普段は

気の効かないヤツだ(ーー;

と思っていたお嬢が

そこまで考えられる様になったんだぁ

と 嬉しくなりました


本当にそう思いました


「親」としては。。。

 

しかし。。。

 

前回までは

そこまでしなくても

特別 苦情などが来た訳でもなく 

それで済んでいるのです

 

そういう面から考えたら

それ 無くてもよくね?

っていう考え方だってあると思います

 

それに

今年のお嬢がやった事を

どのくらい 

引き継ぎ資料に書いたのかは

知りませんが

 

もしも

今年自分がやった事を全部書いてたとしたら

 

来年度の 

お手伝い係長の仕事が 

かなり増えてます💦

 

一番の理想は

お嬢が今年やってみて

 

これは そのまま継続

これは この資料を増やした方が良い

これは もう無くして良い

これは 他の係に振った方が良い

 

などが 

やってみたからこそそれが分かって

 

それを引き継げたら最高だと思います



それこれも 

経験して分かって行く事なのですけどね


まぁ

最初からそこまでは望みませんが(^_^;)

 

それとは別に

お嬢の仕事を100%把握はしてませんが

後から聞いた話の中には

 

ネエサン個人的に思う感覚だけど

 

そこはやらなくても良かった?

って事は多かったです

 

例えば


もし やってなくても

「すいませ~~ん(^o^;)へへf(^_^)」

 

で 終わりじゃない??

 

って事が沢山あった様に感じます

 

お嬢は この

すいませーーん(^o^;) 

へへf(^_^)

 

が 言えないタイプなんですよね


何でもこれを言って済ます女は

論外ですよ(笑)


そういう事では無くて

 

事柄によっては

それでもいい時はあると思うのです


しかし

お嬢は

誰かに何か言われたら 

何でも直ぐに出せる様に


どんどん

自分で仕事を増やしちゃって 

自分でキツくなっちゃってる事

が 多いのです

 

後で言われない様に真面目にやっとく

と言う事は

お嬢の「長所」でもあるんですよ

 

でもね。。。


勿論

指示待ち族の多い中

言われてない事をやっておく


って事は 

なかなか出来ない技だと思います


がぁぁぁ


それは 

他の「やるべき事」の後の話です


やるべき事とは

食べる、寝る と言う事も入ります


お嬢は 

入り込むとその時間を削ります


そりゃあ

1日~2日位は

若ければ そのくらい頑張る時

だってあるかもしれませんが


もーちょっと軽く考えて良い事

もーちょっと軽く考えないと

 

自分で自分の首締める事

にもなりかねないし

 

世の中 

自分が思う程

回りは全然気にしてない事

は 沢山あるのですよね

 

それに

自分だけが張り切ってても

回りから見たら 

「ふーん( ・-・)」程度

の事だって沢山あります

 

後は 

直属の上司には

好かれるかもしれないけど

回りの同僚には嫌われる

 

とかね。

 

今の所は

そういう事は起こってない様ですが

 

これからは分かりません

 

とは言っても

 

何でも一生懸命やるお嬢を全否定

してる訳ではありませんよ

 

先週書いた様に

知らない間にかなり成長してた

から

ネエサンは嬉しいのです(^-^)

 

お嬢は 愛想も良いし

 

与えられた事を

しっかりやろうとする意思も強い

 

だから

 

実際のところ

あんなんで社会に出して大丈夫か?!

 

って思う面もあったけど

 

合格したらですが💦

来年の4月から社会に出ても

大丈夫そうだな( ゚ー゚)

 

って

今回の定期演奏会での

仕事ぶりを見てて思いました

 

でも

それと同時に

 

お嬢を客観的に見てみると

 

一生懸命なのは分かるけど。。

 

社会での仕事は

 

回りとの

兼ね合い

 

も大事だって事

 

 

完璧にやる所と手を抜いて良い所の区別

 

 

どこかで気付いて欲しい。。

 

って思う事も沢山あります

 

でも 今はこんな話は

本人には直接は言いませんよ

 

それは

これから お嬢本人が 

自力で感じ取って成長していく部分

ですからね

 

ただ やっぱり

 

まだ暫くは観察は続けます(¬_¬)

 

そして

 

何か必要と私が感じた時だけは

 

時には

社会人の先輩として客観視した

意見を厳しく( ・`д・´)

 

時には 

そんな事は度外視した

母親の気持ち(*´ー`*)

で居てあげて

 

必要とあらば

お嬢の専属アドバイザーとして

構えてたいと思ってます。



なーんて


カッコいい事言ってますがf(^_^)


この前ブログにも書いたけど


定期演奏会の仕事の話で

お嬢のお手伝いをネエサンが

夜中まで2日間やった後


お嬢に向かって

「これは成功体験じゃないからね!」

と言った と書きましたが


あれは

「良くガンバったね やっと終わったね」


って言っちゃうと


お嬢が

「睡眠を削れば出来るんだ!」

と思ってはならん!!( ・`д・´)


と思って言ったのです(^_^;)


でも

今思うと もっと他の優しい

言い方出来なかったかなぁ


とも思います(ーー;


でも やんわり優しく言ったんじゃ

響かないしね💦


ここは

他人には分からない事だしね💧


我が子を見てて

これはヤバいと感じたら


精神や身体を壊す「前」に

いろんな事をすっ飛ばして


何だって 逃げて良い!


何だって 辞めていい!


って言ってあげられるのは

今は親しか居ないですよね


頑張りすぎる我が子の場合は


あちらも

頑固なので💦

なかなか言う事を聞かないから


時には 「母親として

強く言わなきゃならない時もありますね


嫌われ者になっても良いから

我が子の心や体やを守らなくちゃならない

時もありますね


お嬢の「頑張り過ぎるあれこれ」

を見てると


これから

社会に出てから

そのガンバリが「仇」にならなければ

良いな。。。


と思います


だから

時には我が子を「客観視」して

冷静な目で見る事も必要だと


ネエサンは思っています


その為には

まだまだこれから 

母親として経験を積んで行かなきゃな!!


って思います。